努力無用のすすきの高収入風俗求人

パチンコで狂った人生を、すすきのの風俗求人で修正しました

女性画像

私がすすきのでデリヘル嬢になったきっかけは、パチンコ狂いで作ってしまった借金でした。当時はOLとして働いていたのですが、交遊費のほとんどをパチンコにつぎ込んでいましたね。勝ったらまたそのお金を持ってパチンコへ、負けたら消費者金融から生活費を借りて次の月に返すといった自転車操業でした。そんな生活が長く続くわけもなく、あるとき負けが続いて消費者金融からの借り入れもできないほどになってしまいました。そうなると次に手を出すのは、さらに別の消費者金融から借り入れをすること。あっという間に4社の消費者金融からの返済に追われる毎日。月の返済額は合計で9万円に上り、OLのお給料だけじゃ生活ができないほどになってしまいました。2枚持っていたクレジットカードの枠も使い切ってしまい、さらに返済が増えた上にこれ以上生活ができない状態に陥りました。理由が理由だから両親を頼るわけにもいかず、思いつめていた私がたどり着いたのが高収入の風俗求人。「もうこれしかない」と藁をも掴む思いで高収入風俗求人情報サイト「バニラ」へアクセス。住んでいる場所から近いこともあって、すすきのエリアを指定して風俗求人を探しました。昼間はOLのお仕事があるので、ある程度自由に働けるデリヘルを選択。とあるデリヘル店へ面接希望の電話を入れると、次の土曜日にすすきの駅近くの某カフェで面接をしていただけることになりました。そして迎えた当日。スマホの地図機能を頼りに指定されたカフェへ向かいました。店内にはお客さんが1人……スーツ姿の男性。「あのー、すみません……」と声を掛けてみると、「あ、面接の方ですか?」とお返事が。この方がデリヘル店の面接担当兼店長さんでした。席について差し出されたのはエントリーシートのような用紙。履歴書不要と伺っていましたが、これが履歴書代わりになるんですね。氏名や年齢などのプロフィールを記入する項目の他、好きな男性のタイプや濡れやすさといった風俗業ならではの項目まで。恥ずかしいけどそうも言ってられないので、全て正直に記入。雑談を交えながら面接は進みました。そして終わり際に採用と言われてびっくりしましたね。まさかその場で合否の結果が出るなんて思っていなかったので。「正式な書類の作成や写真撮影、それと講習と体験入店はいつにしますか?」と尋ねられました。もうこの際ノリと勢いで行こうと、「今からでも大丈夫ですし、明日は日曜日で休みなので明日でもかまいません!」と返答。その結果、そのまますすきのにあるお店の事務所へ一緒に向かうことになりました。各種書類に記入をして、下着姿で写真撮影。DVD鑑賞による講習を終えたら、体験入店開始です!店長さんのご配慮で40分のお客さんの接客をしました。なんていうか、お話してシャワーしてちょこっとフェラしてイったら終わりって感じで、思ったよりあっさりと体験入店が終了しちゃいました(笑)。でもお給料は破格の高収入!これならガッツリシフトに入れば借金も返せるし、パチンコ代くらいは作れそうです。私はOLのお仕事を退職して、今もデリヘル嬢として働いています。生活費や借金返済、そしてパチンコ代も余裕ができたので、高収入の風俗求人には本当に感謝していますよ。